日曜日、子どもと家の近くを歩いていると、オオイヌノフグリ、ホトケノザなどの春の花がたくさん咲いていました。

東京では、桜の開花が発表されましたね🌸
外に出ると、春の風を感じて心がウキウキします。

それに伴って・・・くしゃみが止まりません。

私は花粉症です。

小学校6年生の時から、かれこれ20年以上花粉症です。

毎年、この季節は辛い。

皆さんは花粉症の症状はありませんか?

また、私のように、くしゃみがとまらない、鼻水が出る、といった季節性の鼻炎もありますが、中には1年中、慢性的な鼻づまりがあるという方もいます。

慢性的な鼻づまりがある方は、自覚症状がある方と、自覚症状がない方もいます。慢性的に鼻がつまっているため、鼻がつまっていることに気付きにくいのです。

そこで、

・口が開いていることが多い

・いびきをよくかく

・夜中や朝方に目が覚めてトイレへ行く

・おねしょをすることがある

・夜、突然起きてしまうことがある

・寝ている間に呼吸が止まることがある

などに当てはまる場合は、自覚症状がなくても、鼻がつまっている可能性があります。

そのため、さわやか歯科では耳鼻科への受診をすすめたり、鼻をかむ練習をするように声をかけたりしています。

歯科から耳鼻科を紹介?

歯科で鼻をかむ練習?

何の関係があるの??

と思われるかもしれませんが、慢性的な鼻づまりは、身体への影響だけでなく、子どもの場合、顎の成長に影響を及ぼすということが、先行研究でも明らかになっています。

実際に、さわやか歯科で歯の矯正治療を始める子どもたちの8割に、鼻づまりの自覚症状があります。(2019年さわやか歯科調べ)

子どもたちの口を育てていくためにも、鼻が通っていることは重要です。

必要であれば耳鼻科への通院、鼻をかむ練習、是非皆さんも取り組んでくださいね。

歯科衛生士 辰巳光世

【参考文献】
1)黄川田 徹, こんなに怖い鼻づまり!, ちくま新書, 2013.
2)黄川田 徹, 鼻のせいかもしれません, 筑摩書房, 2015.