さわやか歯科に通う子どもたちには、いつも歯ブラシを持ってきてもらっています。

子どもたちが手鏡を見ながら自分磨きをしている時、どんな風に磨いているのかな?と、こっそり観察したりもしています。

そして、「みがけたよ!」と言って歯ブラシと手鏡を置き、うがいをすませた自信満々のお口の中を見てみると・・・

わぁ、磨き残しがいっぱい!!なんてこともあります笑

磨いているのに磨けていない理由

さて、なぜだと思いますか?

どんな風に磨いていたか、子どもたちの様子を思い返してみると・・・

どうやら、磨いていた場所と、磨いていなかった場所があるようです。

歯ブラシを口に入れ、下の右奥歯~、左奥歯~、上の奥歯~とランダムに磨いていると、

あれ?どこ磨いたっけ??

と、忘れてしまいます。

気が付くと、磨きやすい場所ばかり磨いていたということもあります。

歯磨きの基本:順番を決めて磨く

そこで歯磨きの時に大切なのは、“順番を決めて磨くこと”です。

順番通りに磨くと、全部の歯を磨くことができ、磨き残しが少なくなります。

ポイントは、全部の歯の噛み合わせの溝、歯の側面を、奥から順番に磨くこと。

私の場合は、まず、下の左右の奥歯の溝を磨いてから、下の奥歯の内側に歯ブラシをあて、そのままぐるっと外側も磨いていきます。

そして、上の左右の奥歯の溝を磨いてから、上の奥歯の内側に歯ブラシをあて、そのままぐるっと外側も磨いていきます。

1カ所につき20回ぐらい歯ブラシを動かします。
1番後ろの歯の後ろ側にも、しっかり歯ブラシを当てて磨きます。

全部の歯を磨くのにどのくらい時間がかかるかな?と時間を計ってみると、3分21秒で一通り磨くことができました。

磨く時の順番は?

私の例をお話ししましたが、どこから磨き始めるのがいいか決まりはないので、自分が磨きやすい順番で大丈夫です。

また、汚れが取れたかどうかは確認することができます。

舌で歯をなめた時に、歯がツルッとしていれば汚れは取れているので、歯磨き後に確認してみてくださいね。

“ながら磨き”は、歯磨きから気持ちが逸れてしまい、同じ場所ばかり磨くことにもなりかねません。

長い時間をかけて磨くことよりも、大切なのは、“順番を決めて磨くこと”

是非実践してくださいね。

歯科衛生士 辰巳光世