歯科衛生士である私は、お口の中を検査して、歯ぐきが腫れている原因や、むし歯や歯周病になった原因を考えます。

その検査結果を伝え、「どんな歯ブラシを使用していますか?」と聞くことがあります。

歯磨きをしているのに、磨き残しがある理由の1つに、歯ブラシの種類が深く関わっているからです。

また、「自分にはどんな歯ブラシがいいのか」「歯ブラシの種類が多すぎて、何を選んでいいか分からない」と相談されることも多いため、今回は、歯ブラシの種類について書きます。

あなたのお口はどんな状態?

まずは、歯科医院へ行き、自分のお口の状態を知ることから初めてみませんか?

お口の状態は個人差があるため、どの歯ブラシが合うのか、お口の中を診ないと分かりません。

また、歯科医院に行く時は、現在使用している歯ブラシを持っていくと、現在使用している歯ブラシのままでいいのか、違う種類の歯ブラシがいいのか、スムーズに知ることができます。

歯ブラシの選び方

さわやか歯科では、必ず歯ブラシを持ってきてもらうよう、伝えています。

むし歯や歯周病になってほしくないという強い想いがあるからです。

「仕上げ磨きが必要な場合は、おとなが持ちやすい歯ブラシが磨きやすいかな」

「子どもの歯(乳歯)やおとなの歯(永久歯)がある場合は、子どもが持ちやすい歯ブラシや大きさの違う歯でも磨きやすい歯ブラシがいいかな」

「萌出途中の歯がある場合は、柔らかい毛先の歯ブラシがいいよね」

おとなの歯(永久歯)は、コシのある歯ブラシや毛先が細い歯ブラシが合うかな」

などなど。

日々の生活習慣や年齢、歯の本数、歯ぐきやプラークの状態をみながら、歯ブラシの毛先の種類、やわらかさ、へッドの大きさなどを考えながら選んでいます。

是非、歯科医院に行って、現在使用している歯ブラシが合っているのかみてもらいましょう!

最後に

このお手紙を読んでいる人の中には、歯科専売の歯ブラシと市販の歯ブラシ、どちらがいいのかと思う人もいるかもしれません。

しかし、どちらの方が優れているのか、値段だけで判断せず、歯のプロである歯科衛生士が選んだ歯ブラシを1度使ってみてください。

お口の健康を守る歯ブラシの毛先や形、材質などが、どういう歯ブラシなのか、一緒に考えてみませんか。

(高くて悪い歯ブラシ、安くていい歯ブラシもありますが、高いものには高い理由が、安いものには安い理由があります。

私は、身近にある歯ブラシを研究するために薬局に売っている歯ブラシも買いますが、歯科専売の歯ブラシの方が好きです。)

また、1度おすすめした歯ブラシがお口の中の状態により、変わることがあります。

骨の成長、歯の交換時期や生活習慣などにも大きく関わっているため、特に気にするところ、痛みがなくても、定期的に歯科医院に歯ブラシを持って行き、確認することをおすすめします。

多喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)