お久しぶりです。多喜です。

前回のお手紙(磨き残しがある理由①)から2ヶ月程経ちますが、お元気ですか?

私は、悩み事が重なってしまい、あたふたしています。

歯科衛生士からの役立つ情報として、お手紙を書き始めた頃は1ヶ月に2回、最低でも1ヶ月に1回はお手紙を書くつもりでしたが、いつの間にか2ヶ月も経ってしまいました。

誰に言われた訳でもない、自分自身で決めたことなのに、モチベーションを維持する難しさを痛感しています。

今回は、『トライアル&エラー』についてお手紙を書きます。

トライアル&エラーとは

トライアル&エラーとは、試行錯誤。

つまり、何回も挑戦して失敗を重ねながら、段々と目的に近づくことを言います。

私はお手紙を書くこと以外にも、できることを増やす、責任を持つ、部屋の片付けをする、勉強をする、資格を取る、しっかり寝るなど、自分でやろうと決めた課題がたくさんあります。

さわやか歯科でも「ダイエットをする!」という声が、よく聞こえてきます。笑

社会人としてできないといけないことや、自分がやりたいことがあります。

優先順位が曖昧なまま、あれもこれもと挑戦して、壁にぶつかり、自分のだらしなさや考えの甘さに落ち込みます。

エラーが起きた時、そのまま放置すると、巡り巡って、また似たようなエラーが起きます。

また、エラーを起こした自分を責めるだけだと、ただただ辛いだけでした。

そんな私に、さわやか歯科は、トライアル&エラーという言葉を教えてくれました。

大切なことは、行動し続けること

私は、完璧を目指し過ぎて先延ばしにしたり、失敗を怖がってしまったりして、諦めてしまうことがあります。

しかし、気付きを教えてくれる人や、失敗してもいいから好きにやってみたらいいと、私の成長を見守ってくれる人たちのおかげで、エラーが起きても、「次こそは!」と行動しようと思えるようになりました。

自分の考えた行動が、良いか悪いかは分かりません。

未来の私に期待します。

今後、お手紙を書く頻度が減る時もあると思いますが、とりあえず、夏までは期間を空けすぎずにお手紙を書きます。

まずは、諦めるのではなく、どうすれば続けることができるのか、を試行錯誤したいと思います。

あなたにエラーが起こったら…

もし、あなたにエラーが起きたらどうしますか?

トライアル&エラーをしてみますか?

それとも、ただのエラーで終わらせますか?

私以外にも、エラーだけで終わらずに、トライアル&エラーを意識する人が増えれば、楽しみながら多くのことに挑戦できそうな気がします。

あなたも一緒にLet’s Try!!

歯科衛生士 多喜