歯科衛生士 多喜です。

今回は、歯科衛生士 かじぃとのコラボ企画として、“歯ブラシ”をテーマに、お手紙を書きます。

歯科衛生士 かじぃの記事『歯磨きはどうして必要なの?』を読みましたか?

この記事を読んだ人の中にも、「私はしっかり磨いています。」という人がいると思います。

しかし、歯磨きをしているのに、歯科医院で「磨き残しがありますよ。」と言われた経験がある人も多いのではないでしょうか?

何故、歯磨きをしているのに、「磨き残しがある」と言われるのでしょう?

私たちも好きで「磨き残しがあります」と言っている訳ではありません。

むし歯にならないお口を育てるため、腫れている歯ぐきの炎症を落ち着かせるためなど、目的があってお伝えしています。

歯科医院に来る時間より、お家でお口の中を管理する時間の方が長いため、お家でどんな歯磨きをしているか、どんな生活をしているのかなどによって、お口の中の環境が大きく変化していきます。

歯科衛生士 辰巳の記事『子どもの口の中から、原因を考える』に書かれているように、さわやか歯科では、お口の中を診て、原因や理由を考えます。

磨き残しも一緒で、「どうして磨き残しがあるんだろう?」と原因や理由を考えます。

食生活や歯ブラシの種類、歯磨きの仕方など、原因は様々ですが、磨き残しがある理由の1つとして、“歯ブラシの交換時期”があります。

おすすめする歯ブラシの交換時期

あなたが普段使っている歯ブラシは、いつから使っているものですか?

歯ブラシの毛先は広がっていませんか?

歯ブラシの毛先の底に汚れがついていませんか?

よく言われているのが、「毛先が広がったら交換する」だと思います。目で見て、1番分かりやすい目安です。

毛先の広がった歯ブラシを使った歯磨きでは、プラーク(歯垢)がたくさん残るため、交換をおすすめします。

しかし、私は「毛先が広がった歯ブラシを使用していないか」を確認するのではなく、「1ヶ月に1本、歯ブラシを交換しているか」を確認するようにしています。

私が関わってきた磨き残しがある人の多くは、いつから使っているか分からない歯ブラシ、3ヶ月以上使っている歯ブラシで歯磨きをしている人でした。

「考えたことがない」「気付いたら家族が交換している」「毛先が広がってないから交換していない」などの理由から、交換時期がわからない人もいました。

歯ブラシの毛先が広がっていなくても、歯磨きをする度に毛先は消耗し、今までと同じように歯磨きをしていても、プラーク(歯垢)がどんどん落としにくくなっていきます。

1番簡単に改善できる理由でもあるため、歯ブラシの交換時期を意識してみましょう。

歯磨きが終わった後の歯ブラシcheck

歯磨きをし終わった歯ブラシは、しっかり水で洗って乾燥させていますか?

歯ブラシにネギやお肉などの線維性のものや、歯磨き剤などが残っていないか確認しましょう。

磨いた後の歯ブラシに汚れが残っていると、カビや細菌が繁殖しやすくなります。汚れが残ったままの歯ブラシで歯を磨くのは、衛生的によくありません。

他にも歯ブラシの交換時期でわかること

1ヶ月待たずに歯ブラシを交換する人は、歯ブラシで力強く磨きすぎてる可能性があります。

また、知覚過敏や歯ぐきが下がっているかもしれないないので、気になる人は歯科医院で相談してみてください。

歯ブラシの交換時期を忘れてしまう時は…

歯ブラシの交換時期を忘れないために、月始め(1日)や第4土曜日など、カレンダーにcheckをしておくのもおすすめです。

まとめ

もし、あなたの磨けていない理由が“歯ブラシの交換時期”だとしたら、ものすごく勿体ないと思いませんか?

1番始めに、簡単にできる、“歯ブラシの交換時期を意識すること”から始めてみませんか?

歯磨きをしていても磨き残しがある理由は他にもあるので、順番にお手紙を書いていく予定です。
お楽しみに🐾

歯科衛生士 多喜 & 歯科衛生士 かじぃ