前回に引き続き、うがいです!

今回は、これからブクブクうがいをする子に向けてうがいの練習の始め方を、一緒にやってみたいと思います。

ブクブクうがいは、早い子だとだいたい2歳頃からできるようになります。

それではLet`s Try!

①水を含み、「ぺー」と吐き出す

水をお口の中に入れて、そのまま「ぺー」と吐き出します。

この時、優しく「ぺー」と吐き出しましょう!

さわやか歯科でも、勢いよくお口から水が飛び出し、壁が水浸しになることもあります(´;ω;`)

今回は、水浸しを再現してみました。こんな感じになることも・・・。

②水をためて、「ぺー」と吐き出す

次に、お口に水をためることを練習します。

お口を閉じることができないと、お水がダラダラと出てきてしまいます。

③空うがい

水が吐き出せるようになったら、お水を使わずに頬を膨らます「空うがい」の練習もします。

頬を右、左、両方、膨らませてみましょう。

④水を、お口の中で動かす

空うがいができるようになったら、お口の中に水を入れて、頬を右、左、両方、膨らませ、最後に「ぺー」と吐き出します。

子どもは大人をよく見て、真似っこをします。

一緒にぶくぶくうがいをして、お手本を見せてあげましょう!

頬を膨らましてブクブクが難しかったら、見せるだけでなく、耳元でブクブクと音を聞かせてあげると、分かりやすいですよ!

うがいをするときの注意点

・唇を閉じることができているか

・水を吐き出すことができているか

・頬を動かすことができているか

・鼻呼吸できているか

を確認しながら、ゆっくり練習していきましょう!

そして出来るようになったら、たくさん褒めてあげましょう!

歯科衛生士KUMAKO