皆さんは、いつ歯磨きをしていますか?

きっと、起床後、食後、就寝前など、様々なタイミングで歯磨きをしていると思います。

私は、朝食後と就寝前に必ず歯磨きをすることが、小さい頃からの習慣になっています。

しかし、この仕事をしていると、何年かに1回ぐらいの頻度で、「歯磨きをあまりしない」という方に出会うこともあります。

歯磨きをすることが習慣になっていない人もいるということを、歯科衛生士になってから知りました。

歯磨きはみんなするものだと思っていたのですが・・・

歯科衛生士になる前の私が、なぜ毎日当たり前のように歯磨きをしていたのか?を考えてみたのですが、これと言った目的はなかったと思います。

そこで今回は、改めて、歯磨きをする目的についてまとめてみました。

歯磨きをする目的は?

①食物残渣の除去

②プラーク(歯垢)の除去

③歯ぐきのマッサージ

④口の中の粘膜の清掃

⑤舌の清掃

⑥口の機能のリハビリテーション

など、歯磨きをする目的は様々ですが、そのほとんどは“お口の中をキレイにすること”です。

なんと、プラーク1㎎中には、約1億個の細菌がいると言われています。

菌の種類によっては、歯周病やむし歯の原因になるものもいるので、お口の中を清潔に保つことは大切です。

また、歯磨きをすることで、誤嚥性肺炎やコロナウイルスの重症化を防ぐ可能性も期待されています。

過去の私のように、ただなんとなく歯磨きをしているだけではなく、目的を持って歯磨きをしてみましょう!!

歯科衛生士 かじぃ