私の悩みを、聞いてください。

歯がしみます。

すごくしみます。

「え?歯科衛生士なのに?むし歯ですか?」

違うんです。

知覚過敏なんです。

“知覚過敏”よく聞くけど、つまり何なの?

知覚過敏とは、簡単に言うと、「冷たいもの・甘いものなどを口にした時や、歯磨きの時などに歯がしみる症状」のことです。

私は、歯磨き後にうがいをする時や、冷たい飲み物を飲む時に、上の奥歯のほっぺた側がすごくしみます(泣)

私のように、冷たいものがしみる方はいませんか?

歯ブラシが歯に当たった時、ピリっとすることがある方はいませんか?

そんな方は、お口の中がこんな状態になっているかもしれません。

“知覚過敏”が起こる歯の状態

●歯ぐきが退縮している

歯磨きの力が強かったり、歯ブラシの当て方が間違っていたり、歯ぎしり・くいしばり、歯周病、そして加齢などによって歯ぐきの退縮は起こります。

●歯ぐきに炎症があり、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が緩くなっている

●歯が削れている

歯ぎしり・くいしばりによって、歯が欠けてしまったり、削れたりします。

●歯の表面が溶けている

酸っぱい果物をよく食べる、お酢をよく飲む、炭酸飲料をよく飲む、逆流性食道炎などにより、歯の表面が溶けます。

このように、様々な原因によって、知覚過敏は起こります。

そして、それぞれの原因や状態により、対処方法が違います。

もし「歯がしみることがあるなぁ」と思った方は、一度歯科医院を受診されてみてはいかがでしょうか?

歯科衛生士 かじぃ