少しずつ、退院後の話が出てきています。

ただ、手術した左膝につける装具が届くのが5月12日の予定なので、あと1週間は入院生活が続きそうです。

今日のリハビリの内容は、床に座った状態から立ち上がる練習と、松葉杖を使った階段の上り下りの練習、そして筋トレでした。

床に座った状態から立ち上がるのは簡単にできましたが、階段の上り下りはかなり難しく、側で支えてもらっていても恐怖を感じました。

入院も、今日で11日目。

先生や看護師さんと少し話をしますが、他の入院患者さんの対応で忙しそうなので、あまり長く話すことはできません。

なので、リハビリ中に理学療法士さんと話をすることがとても楽しく、色々質問しています。

寝たきりによる筋力の低下

今日聞いた話で、驚いたことがありました。

みなさんは、1日寝たきりの状態だと、どのくらいの筋力の低下がみられると思いますか?

答えは、約3%だそうです。

1日3%という数値は高齢者の方を対象にした研究で明らかになったそうなので、私の場合は、手術前と比べて約20~30%低下している可能性があるそうです。

おそらく装具をつける頃には、右足と左足を比べた時に、左足が細くなっているだろうと言われて驚きました。

左右の筋力の差が少しでも少なくなるようにと筋トレをしたのですが、かなり大変でした。

体力・筋力には自信があったので、たった1週間で少し足を上げることがこんなに大変になるとは思ってもみませんでした。

怪我には気をつけて

私がお世話になっている整形外科の病棟には、たくさんの高齢の方がおられます。

私が入院する前から、みなさん骨折等で入院されていて、ベッドからほとんど動けていない方もいるように思います。

リハビリも、60~80代の方が多いと理学療法士さんが言っていました。

やはり、年齢が上がれば上がるほど筋力が低下し、転倒などから骨折等の怪我に繋がりやすくなるそうです。

そして、筋力をアップさせることも難しくなります。

怪我をしたくてする人はいないですが、できるだけ怪我をしないように生活していきたいと思った1日でした。

歯科衛生士かじぃ